消費者金融基礎知識

消費者金融関連用語解説

金利とは


お金を貸し借りするのに対するお金の使用料。

お金や物を貸す側(企業)は、貸す前よりプラスされるものがあって初めて利益がでます。
利益=得をする。 
見返りがあって、初めて人は自分の余っているものを人に貸そうと思う人が増えます。

見返り部分の事を利子(利息)と言い、その利子をお金として払い受けることを金利と言います。
           ※)利子・利息は同じ意味を成す言葉です。

金利は、お金(通貨)の貸し借りで発生する利子のことをいうもので、物の貸し借りに使われる言葉ではありません。
物の貸し借りには通常、金利などはつきません。


無利息期間


無利息期間とは、文字の通り一定期間無利息=利息がかからない期間があるということ。

テレビCMや広告でも目にすることもある「無利息期間キャッシング」ですが、設定している会社は限られています。

また、会社によっても 無利息期間の設定日数も異なり

・一週間無利息
・30日間無利息
・180日無利息

などがあります。
無利息の利用回数も、初回利用時だけのサービスとしているところもあれば、完済すれば何度でも繰り返し利用できる会社等様々です。


法定利息


法定利息とは、法律によって認められた利息のこと。


過払い金


消費者金融会社などに払いすぎた利息のことを言います。

利息には、法律で決められた利息制限法があります。
その利息制限法の定める利率以上の支払いを指定た時、借主が貸主に過払い請求を行うことで、一部返金されるというものです。

過払い請求を行うには、完済していても、返済途中の方でも請求をすることができるので、一度確認してはいかがでしょうか。


債務整理(任意整理、自己破産)とは


債務整理とは、借金を見直し整理する方法のことを言います。
債務整理の中には、任意整理、個人再生、自己破産、特定調停などいくつかの種類があります。

その中の任意整理とは、公的機関である裁判所などを通さず、私的に債務者と話し合いをすることで、借金の減額や、利息の減額など、返済方法を考え直し借金を整理し、負債を減らし事を目的とする方法です。

任意整理後残った債務は、通常3年間で支払いが完了できるよう再計算されるので、毎月安定した収入にある方が任意整理を申し込める条件の一つになります。


任意整理のメリット
・裁判所を通さずに弁護士・司法書士が手続きをしてくれるので自身の負担が軽い。
・ほとんどのケース利息が減り完済までの年数が短くなります。
・官報に掲載されないので、第三者に知られることがない。
  (漢方は、国が発行している新聞のようなもので、裁判内容などが記載されているもの。)
・総量規制の影響や、専業主婦のように年収の少ない方でも利用できる。
・職業制限や資格制限がありません。


任意整理のデメリット
・任意整理後5年間は、金融会社が共有して利用している信用情報機関に載ってしまうため、新規での借入やカードの利用、ローンが組めなくなります。
・借金の全額もしくは一部が強制的に免除されるわけではなく、あくまでも話し合いで決まるので、免除されないケースも有る。


任意整理とは相異なるのが自己破産
自己破産は、裁判所を通して借金を整理する方法。
裁判所に破産申立書を提出し審議の結果、債務の返済が困難だと判断された場合、債務が0円になる。


自己破産を申請するには、自身がもつ資産を処分しなくてはいけません。ですが、衣服を始めとする生活をするうえで必要な物は処分されません。


自己破産のメリット
・債務の支払い義務がなくなる(借金が0円になる)
(過払い金が発生している場合、お金が戻ってくることも)
・収入のない人や少ない人でも利用できる
・自己破産手続きを弁護士や司法書士に依頼すると、依頼した時から債務の返済はしなくても良くなります。


自己破産のデメリット
・免債が確定してから7年間はクレジットカードなどが作れなくなります
・自己破産者として、官報に名前が記載される
・自己破産後7年間は再び自己破産できません


損害遅延金


損害遅延金とは、借入をしている人が返済日までに返済しないけ、契約違反があった時に生じるお金のこと。
簡単にいうと、約束を守らなかったことに対してつくお金。

通常、借入をする際、借入残高に応じてつく利息は前もって取り決められ得ていますが、損害遅延金は取り決めがなく多くの消費者金融会社は上限金利(年20%)で設定してあることが多くあります。


利息制限法


お金の貸し借りには、原則貸主と借主の間で自由に利率を決めることが来ます。
ですが、自由だけだと、高金利での貸付をする悪徳業者などが出てきてしまうので、利息の上限が決めたれており、その上限を超える利息分は無効です。

利息制限法は、一定率を超えないよう上限を設定し、高金利な貸付がないよう設定された法律。


FX業者選びのポイント