キャッシングについて

キャッシングのQ&A


お金を借りられるのは誰? 主婦、アルバイト・パートは? 何歳まで??


多くの消費者金融会社では、一定の収入がある方なら借入OKになっています。
主婦やアルバイト・パートの方でも毎月一定の収入があれば大丈夫です。

ですが、一部の会社では専業主婦のように自身に収入がない方でも借入できる会社もあります。
この場合、自身に収入がなくても配偶者に一定の収入があることで借入ができるようです。

借り入れできる年齢は、会社によってもことなりますが、20歳?65歳までの方を対象にしているところが多いです。
中には70歳までOKとしている会社も・・・
ご年配の方だと、毎月一定の収入がある人が少ないように感じられますが、年金受給者でもOKとしている会社も。

例外もありますが、基本は
・20歳?65歳ころまで
・収入は金額に関係なく、毎月一定金額あればOK

のようです。


誰にも知られずに借りられる?


お金を借りる際、親、兄弟、配偶者・・・自分以外の誰かに知られたくはないですよね。
第三者に知られずにお金を借りる事はできるのでしょうか?

答えから言うと、第三者に知られずに借入をすることはできます!

お金を借りる際の申し込みなどを、店舗で直接申し込んだり、無人機などATMへ行くと、たまたま誰かだ見て、バレてしまうことがあります。
なので、誰にも知られず申し込みをするなら

・電話での申し込み
・インターネットからの申し込み
・郵送での申し込み

がお勧めです。
ですが、電話や郵送での申し込みは融資までの時間がかかるので、即融資も希望であれば、
24時間受付できるパソコンや携帯などインターネットを使っての申し込みが最適です。

申し込んだあとには、本人確認・在籍確認のため消費者金融会社から会社などに電話が入りますが、その際も会社名ではなく、電話をかける方が個人名で電話してきてくれるので、バレる心配はないようです。

また、審査通過後の借入・返済も専用カードを使って提携銀行のATMやコンビニATMなど通常自身の口座から引き出しを行なっているようにしか見えないよう利用することも可能ですし、申し込み同様インターネット上での借入・返済ができるので安心です。

お金を借りる際、第三者に知られるのは避けたい・・・
これは誰でも思うことです。
なので、各消費者金融会社は借主が少しでも借りやすい環境であるために、誰にも知られないようにという希望は聞いてもらえます。
もし、申し込みの際心配であれば「絶対に誰にも知られずに借入がしたい」と念を押してお願いしてみるのも良いかもしれません。


利用限度額はどう決まる?


利用限度額は、審査申し込み時の自身の収入によって決まります。
では、どのように決められるのでしょうか。

多くの消費者金融会社は、初めて利用する方に対し最初は50万円程度の利用限度額で融資を提供しているようです。
初めて利用される方は、どんな方なのか返済は毎月必ずしてもらえる方なのかなど、収入からの審査だけではわからないことも多いので比較的融資金額も少なくなく、また今後返済して行きやすい金額である50万円を設定するようです。

ですが、最初50万円の利用限度額で設定されていた方も、借入状況、返済状況、勤務状況によって利用限度額が引き上げられるケースもあります。

利用途中で限度額が引き上げられたとしても、貸し付けするには総量規制というものがあり、これは年収などの3分の1までなら貸付をしても良いという決まりです。(裏を返せば、それ以上はダメだということです。)

総量規制があることで、自身が返済できないくらい多額の借入はできません。
その分返済も計画的に行えば、無理なくできます。

ですが、一気に多額の借り入れをしてしまったり、返済が滞って、高い金利の損害遅延金がつくことによって返済が難しくなってしまうこともあるので、利用限度額で返済できるよう金額を決められていますが、気を付けてください。


返済が遅れたらどうなるの?


お金をかりたら、必ず返済・返済日がありますが、返済日に返済を忘れてしまったらどうなってしまうのでしょうか。


返済日に1日でも遅れてしまったら、損害遅延金が発生します。
損害遅延金は、通常の借入時よりも高金利で設定されており、通常の利息にプラスされるものなので返済が遅れると余計な利息が増えることになります。


消費者金融会社からの信用度が下がってしまいます。
1?2回くらい返済遅れなら大丈夫のようですが、複数回の返済遅延や、長期によって返済しないということがある方は、消費者金融会社などからの信用度が下がってしまうようです。
信用度が下がってしまうことで、場合によっては利用限度額の減額が行われることもあるようです。


数日遅れることで、催促の電話がかかってきます。
返済も1日遅れたくらいでは、消費者金融会社からの連絡は何もないようです。

その間に返済できればまだ良いのですが、連絡が何もないことを良いことに返済を数日しないでいると、電話での連絡が来るようです。

電話連絡後も返済をしなかったり、電話がつながらなかったりすると・・・
まずは、丁寧な文章での督促状が送られてきます。
遅れれば遅れるほど、文章は厳しい口調に変わってくるようです。

最近は、返済連絡についても法律で厳しく制限されているようで、契約時に設定した連絡先順に消費者金融会社は連絡をしていくようですが、それでも連絡が取れなかったり返済がないようだと、採取手段として勤務先に連絡を入れたり、自宅への集金へ行ったりするようです。


過払い請求してお金が帰ってくる? 手続き方法は?


過払い請求とは、払いすぎた利息を請求することで返してもらうことができることです。
ですが、請求をしなければ帰ってくるはずのお金も帰ってきません。
過払い請求をするには、どのような手続きをしたらよいのでしょうか。

過払い請求は自分で行うのと司法書士や弁護士に依頼し手続きしてもらう方法の2つがあります。

司法書士や弁護士に依頼する方は、自身の借り入れ状況をすべて話してあとは任せるだけです。

第三者に依頼するとお金が発生するからと自分で請求を行う方は、消費者金融会社との取引開始時からの借り入れ・返済履歴が確認できる書類を最初に用意しなくてはいけません。
明細書をすべて保管されている方なら問題ありませんが、明細書などがないようでしたら、借り入れをしている消費者金融会社に履歴確認のできる書類を発行してもらい過払いを請求します。

ですが中には、個人で過払い請求を行っても相手にしてくれない業者もあるようなので、お金はかかりますが、司法書士や弁護士に依頼して請求を行うほうがよいかもしれませんね。


自己破産・・・借りられる?


自己破産とは、返済できなくなって方が生活していく上で最低限必要なもの以外をすべて処分することで借金を0円にしてくれることです。

自己破産すると官報に名前が記載され、各消費者金融会社が審査時に使う信用情報機関にも自己破産者として名前が残ります。

自己破産をすると、多くの会社では借り入れが出来なくなるケースがほとんどです。
ですが中には、信用情報機関に自己破産者として名前が記載されている期間は約5年なので、5年が経過し、現在一定の収入がある方だと、新規借り入れが可能になる会社もあるようです。


ブラックリストって何?


お金を借りられない人=ブラック 
という言葉を聞いたことがあり人は多いと思います。
ですが、基本的にブラックという言葉は存在しないようです。

存在はしないようですが、巷では次のような方のことをブラックと呼んでいるようです。
・遅延がある方
・和解中の方
・債務整理をしている方
・過払い請求をしている方

このような方を、ブラックと呼び、リストにまとめたものをブラックリスト(信用情報機関)というようです。


FX業者選びのポイント