カードローンについて

カードローンを利用するときの注意点

カードローンは賢く使えば便利でオトクなサービスです。
ですが使い方を間違ってしまうと、これから先の人生が狂ってしまう可能性もある少し危険なサービスでもあります。
ここでは、そんな両面を持つカードローンの注意点を調べてみます。

・借りたい金額・返済計画を明確に!
お金を借りる上で一番重要なのが、自身が返済できない額以上の借入をしないということです。
借入は、限度額内であればいくらでも借りる事はできます。ですが、借りたものに対しては利息をつけて返済しなくてはいけません。借り入れた金額が多ければ多いほど利息も高くなり、毎月の返済が大変になってきます。

毎月、生活できるだけの安定した収入があっても、計画なく借入をしてしまうことで返済額が増え、収入から返済額を引くと生活ができないなんてことになってしまっては、また新たな借金を増やすだけになってしまいます。

ご利用は計画的に!という言葉を聞いたことがあると思いますが、まさにその通り。
カードローンを利用するときは計画的に利用しましょう。

・ローン用カードはキャッシュカードではありません!
ローン用のカードもキャッシュカードも、同じようにATMなどで利用することで現金を手にできるカードです。
キャッシュカードは、通常自分が働いて得た自分のお金ですが、ローン用カードはあくまでも消費者金融会社のお金を一時的に借り入れているだけです。
同じようにATMから出てくるお金でも、自分のものなのか、そうでないのかでは全くお金の重さは違います。
お金の出し入れの作業が似ていても、カードローンで出されたお金は自分のものではないと言うことは忘れないでください。

・返済日は守りましょう
返済日に返済ができないと利息にプラスして、遅延損害金が発生します。遅延損害金は通常の金利よりはるかに高く設定してあるので、返済日に返済できないだけで高額な返済金額に化けてしまうこともあります。
また、遅れることで、金融会社からの信用も下がってしまい限度額が引き下げられたり、中には利用停止になってしまうケースもあるようです。

返済日に返済できないと自分にとっても良い状態ではなくなるので必ず、返済日は守って返済して行きましょう。


甘い言葉には気をつけて


少し前に比べて減ってはきているようですが、まだまだいます悪徳業者=闇金。
以前は、そこら中の電柱や塀に「今すぐお金を貸します」「無職の方でもOK」など連絡先とともに広告が貼ってあったと思います。ですが、最近はそのような広告の姿は消え、悪徳業者は表舞台から消えてしまったように思いがちですが、まだ現在も活動をしているようです。

現在は、複数社からの借入があり、もう通常の金融会社では申し込みを断られてしまう方や、ご年配の方などを狙って融資をしているようです。
それ以外にも、

・審査なしで融資できますよ!
・職がない方でも融資できますよ!
・多重債務者でも融資可能!
・自己破産の経験がある方でも融資できますよ!
・高額融資でも保証人・担保なしで融資可能!

などと、融資を受けたい人にとっては嬉しい言葉・甘い言葉で近づき、利息制限法を完全に無視した高金利での貸付を行なっているようです。

このような闇金=悪徳業者が一部存在することで、消費者金融会社を始め金融会社は、怖い会社と思われがちですが、しっかりとした消費者金融会社は、ちゃんと国からの認可を受けて活動しているので安心して融資を受けても大丈夫だと思います。
ただ、中には国からの認可を受けていながらヤミ金と変わらない活動をし、行政処分の対象になっている会社もあるので、どちらにしても融資を受ける際は慎重に会社選びをすることをおすすめします。


FX業者選びのポイント